【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

  • 総合案内所
  • ヘルプ
  • 出店のご案内
  • 楽天トップへ

おくりもの市場

円〜





現在地
楽天市場トップ > おくりもの市場 > シーン別 > 就職・昇進・退職祝い

就職・昇進・退職祝い

就職祝い、昇進祝い、退職祝いのギフト・贈り物をご紹介。名入れのできるお酒、生まれ年のワイン、ゴルフグッズ、フラワーギフト、時計など種類も豊富。就職祝い、昇進祝い、退職祝いの贈り物マナーもチェック!


退職・昇進祝いのマナーをチェック

人気のアイテムを予算から探す

贈る相手から探す

ご親族には

娘や息子、親戚のお子さんへの就職祝いは、ビジネスシーンで活用できるワンランク上のアイテムを贈りましょう。社会人として気が引き締まるような腕時計を選んであげるのはいかがでしょうか?また、名刺入れも社会人として不可欠なアイテムです。長く使えるような質の良いものをプレゼントしましょう。

同世代の友達には

学校の先輩や後輩、恋人に贈る就職祝いは、応援の気持ちを込めて用意しましょう。同世代の友だちへは高価すぎるものは少し負担がかかるかもしれません。そのため上質で実用的なものがおすすめです。ビジネスシーンで使えるファッション小物や、品の良いボールペンなら気軽に贈れて喜んでもらえるでしょう。

職場の方には

職場でともに頑張ってきた同僚への昇進・退職祝いは、感謝を込めてお花を送りましょう。バルーン付きのフラワーなど、オンラインでしか買えないスペシャルなフラワーギフトはいかがでしょうか?また、フラワーとともに渡せるプチギフトワインセットなどを、本人の趣味に合わせて用意するのもいいですね。

目上の方には

お世話になった先輩・上司への昇進・退職祝いなら、言葉で伝えきれないお礼をプレゼントに込めて贈りましょう。定番のフラワーの中でも、目上の方に贈るなら5,000円以上の花束や、縁起の良い胡蝶蘭も喜ばれるでしょう。また、上質な焼酎名いれの酒器焼酎グラスも、昇進祝いや退職祝いのギフトとして人気です。

高評価レビューギフト

  • 全商品
  • フラワー
  • 日本酒・焼酎
  • 文房具
  • 腕時計
  • バッグ・小物・雑貨
  • キッチン用品・食器
  • その他

退職祝い・昇進祝いのマナーと豆知識

退職祝いはどんな時に贈る?

退職祝いは、両親やお世話になった方(上司や先輩、取引先など)の定年退職・寿退社・転職退社の際に、会社と社会のために尽くされた事へのねぎらいの気持ちと、第二の人生が充実したものになることを祈り、感謝の気持ちを込めて贈ります。

退職祝いはいつ届ける?

退職祝いのギフトを贈る時期は、定年退職・退職のどちらも正式発表を確認後、遅くとも1〜2週間以内にはお渡しできるようにします。
また、職場の皆さんからの寄せ書きやメッセージカードなどを添えると、より一層喜ばれます。

退職祝いは何を贈る?

退職祝いのギフト選びでは、仕事の疲れを癒すもの、趣味が分かっていれば使用する小物、新生活で使って頂けるものを選ぶようにしましょう。
上司・先輩など目上の方へ現金を贈ることは失礼とされています。

・ 焼酎サーバワイングッズ名入れのできるギフト還暦祝いグッズ
・ ご家族も一緒に楽しめるグルメギフト牛肉水産物・水産加工品スイーツ
・ スポーツのお好きな方にウォーキンググッズ、釣りグッズアウトドアウエア
・ 趣味が分かっていればゴルフ用品ガーデニンググッズデジタル一眼レフカメラ
・ 記念になるギフトとして花束アレンジメントプリザーブドフラワー胡蝶蘭

退職祝いを贈る際に、上司・先輩など目上の方へ身に着けるもので下に着けるものや踏んだり、敷いたりするものを贈ることはタブーとされています。
また、昔程意識されなくなってはいますが、明るい前途をお祝いするイメージのため、割れたり、壊れたりするものは避けた方がよいでしょう。

・ 下に着けるもの…下着、靴下、靴、室内履き
・ 踏むもの、敷くもの…玄関マット、ラグマット、座布団

また、革靴、時計、名刺入れ、ネクタイ、カフスボタンなどのビジネス用品は避けるのがマナーです。
定年退職された後の再就職先が決まっている場合などは、ビジネス関連のプレゼントでも問題ありません。

男性(父親)の定年退職に際して、長年支えてこられた奥様(母親)へのギフトも一緒にお送りすることも最近は珍しくありません。
御夫妻でゆっくりとした時間を過ごせるお食事券や旅行券などを贈っても喜ばれるでしょう。

退職祝いギフトの予算はどれぐらい?

退職祝いの場合、5,000円〜10,000円が目安と言われています。
職場の同僚とお金を出し合って合同で贈り物をする場合も多く、集まる人数によっては20,000円〜30,000円が価格帯の中心になっています。

昇進祝いはどんな時に贈る?

昇進祝いは、親戚やお世話になった方(上司や先輩、取引先など)の昇進・昇格・栄転の際に、新たな門出をお祝いする意味で贈ります。

昇進祝いはいつ届ける?

昇進祝いのギフトを贈る時期は、昇進・昇格・栄転のいずれも正式発表を確認後、遅くとも1〜2週間以内が目安です。
ギフトのみお贈りするのでなく、メッセージカードなどを添えて贈るようにしましょう。

昇進祝いは何を贈る?

昇進祝いのギフトは、上司、同僚、お取引先などお仕事関係の方へ贈る場合も多いため、失礼のないように心がけたいもの。ビジネスで使える小物や趣味に関連したアイテムが定番ギフトです。
忙しくお仕事をされている方も多いので、疲れを癒すリラクゼーション系のグッズやお好きな音楽CD映画DVDなども良いでしょう。
また、「奥様と二人で祝杯を」といったメッセージを添えて、お好きなアルコール類に名入れのできる酒器・グラスグルメギフトを一緒に贈るのも素敵です。

・ 仕事用に使えるバッグ(男性用女性用)、ネクタイストール
・ 名入れのできる財布(男性用女性用)、腕時計(男性用女性用
・ 仕事用に使える名刺入れシステム手帳名入れのできる筆記用具
・ デスク周りで使えるステーショナリーOAアクセサリー
・ お酒を好まれる方にワイン日本酒焼酎洋酒名入れのできるお酒

上司・先輩など目上の方へ現金を贈ることは失礼とされていますが、海外赴任の場合は目上の方でも現金を贈るのが一般的とされています。
その場合、国内の転勤よりも多めの金額(1〜2万円程度)になります。

退職祝いのギフトと同様、上司へのお祝いの場合は靴下や靴、室内履き、下着など下に着けるものや踏んだり、敷いたりするものを贈ることはタブーとされています。

昇進祝いギフトの予算はどれぐらい?

昇進祝いの場合も、5,000円〜10,000円が一般的のようです。
職場の同僚とお金を出し合って贈る場合は、15,000円〜20,000円程度が多いようです。

ページの先頭へ

おくりもの市場トップへ

社会的責任[CSR]