【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

おくりもの市場

円〜





現在地
楽天市場トップ > おくりもの市場 > シーン別 > お見舞い

お見舞い

お見舞いに喜ばれる贈り物をご紹介。定番のお花や果物、菓子折、デザートから、温泉旅行やギフト券まで。豊富な品揃えからお相手に合わせて品物を選ぶことができます。快く受け取ってもうらために欠かせない、お見舞いのマナーも要チェック!

マナーと豆知識 お見舞い編を見る▼

贈る相手から探す

ご親族の方には

身内へのお見舞いは、質が良く、実用性の高いものを贈りましょう。果物やタオルなどがおすすめです。既にあるものを贈って困らせてしまう場合もあるので、事前にリクエストを聞いてから、お見舞いの品を購入するのもいいかもしれません。

同世代の友だちには

友だちには、あまり負担にならないよう、気軽に消費できるお見舞い品を用意しましょう。さくっと食べられる、スイーツ・お菓子がよいでしょう。食事が制限されている場合は、お手入れいらずなプリザーブドフラワーなどのお花を贈ることが一般的です。

職場の方には

職場の方には、あまり個性的なギフトはおすすめできません。より安定感のあるギフトを選びましょう。花瓶に活ける必要がない、フラワーアレンジメントは代表格の一つです。また、贈るお相手の食が細くない場合は、日持ちが良く、貰っても困りにくいゼリーなども検討してみましょう。

目上の方には

恩師や会社の上司等に贈るお見舞い品は、失礼にあたらないように注意したいもの。当たり障りがない品としてはお茶が挙げられます。通常のお見舞いではお金を包むことも多いですが、「援助」といった誤ったニュアンスが伝わることを避けて、目上の方へはギフト券がよいでしょう。

人気のアイテムを予算から探す

お見舞いのマナーと豆知識

■お見舞いに喜ばれるものは?

食事制限がない場合は、果物スイーツ・お菓子などがお勧めです。
また、食事の制限がある方には、回復をお祈りする気持ちを込めて、プリザーブドフラワーフラワーアレンジメントといったお花を贈るのがよいでしょう。
他には、タオルなどの実用的な日用品が喜ばれるものとして挙げられます。

■お見舞いに行くベストなタイミングは?

病院に見舞をする場合、入院から4〜5日後、あるいは、術後2〜3日後を目安に、面会が可能かどうか確認を行った上で、日時を決めて伺いましょう。
また面会が厳しいようならば、回復に向い安定した時期に見舞うことが一般的です。
退院祝いを贈る場合は、退院後1週間〜1ヶ月を目安にお送りしましょう。

■お見舞いのタブー・マナーとは?

お花は一般的なお見舞いの品として認知されていますが、いくつか気を付けるべきポイントがあります。
有名なものでは、入院が長引くことを連想させる鉢植えや、「死」や「苦」を連想させるシクラメンや菊。
血の色を思い起こさせる赤い花や葬式を連想させてしまう白色の花が挙げられます。
他にも、お見舞いを受ける人に負担をかけないように、以下の基本的なマナーを心得ておくとよいでしょう。
・迷惑にならない人数と時間を考える。
・面会時間は10分〜15分。長くても30分に控える。
・家族や付添いの方へのねぎらいの言葉は、病室の外でかける。

■お見舞い品の相場はどれぐらい?

目安としては、3千円〜1万円程度。
お付き合いの贈り物の相場は、誰に送るかによって大きく変わります。
付き合いの程度や病状、入院期間に合わせて金額を決めましょう。

ページの先頭へ

おくりもの市場トップへ

社会的責任[CSR]