【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

おくりもの市場

円〜





現在地
楽天市場トップ > おくりもの市場 > シーン別 > 入園・入学祝い

入園・入学祝い

幼稚園・小学校・中学校・高校・大学へ入園・入学する、親戚や親しい友人のお子さんがいると、どのようなお祝いを贈ろうか悩むもの。そんな方におすすめの商品を、日本最大級のネットショッピングモール楽天市場が厳選紹介!お子さん・お孫さん、そしてそのご両親にも喜んでもらえる素敵なプレゼントを、予算別・贈る相手別にご紹介いたします。贈答のタイミングなどギフトに欠かせない豆知識やマナーも要チェック!

入園・入学祝い編を見る▼

人気のアイテムを予算から探す

入園・入学先別に探す

入園祝いには

幼稚園の入学祝には、お子さんやそのご両親に喜んでもらえるプレゼントが良いでしょう。子どもの成長を促す知育系のおもちゃや、毎日使えるお弁当箱などがおすすめです。

小学校の入学祝いには

小学校の入学祝いには、ランドセルや学習机を贈るのが一般的です。また、小学生になるとみな、大人っぽさを求めて大人と同じものを欲しがります。そういったお子さんにはキッズ腕時計が人気です。

中学校の入学祝いには

中学校に入ると、塾に通いはじめたり部活動に参加したりと、活動範囲がぐっと広がります。それに伴って学校へ持っていく荷物も増え、自分でお金を管理することも多くなります。そんな中学生になるお子さんには、スポーツバックと財布が実用的で本人にも家族にも喜ばれます。

高校の入学祝いには

電車やバスでの通学が増える高校生には、毎日使えて便利な定期入れが定番の入学祝い品の一つでしょう。また、制服で統一されているからこそ、どこかでおしゃれ感を出したいもの。足元でちょっとした個性を演出できる革靴も入学祝としておすすめです。

大学、短大、専門学校の入学祝いには

新生活をはじめる大学生には、生活家電がオススメです。恵まれた環境でない限り実家から離れる学生も多いもの。リクエストを聞いて贈ってあげるとよいでしょう。また、大学生になると制服から解放され、身の回りのオシャレに気を遣いはじめます。大人のセンスで選んであげるファッション雑貨・小物も喜んでもらいやすい入学祝いのひとつです。

年代とわず喜ばれるものって?

贈る相手の好みが分からないときや、贈りものの重複を避けたい。そんなときは相手に商品を選んでもらえるカタログギフトがよいでしょう。 また、お祝いごととしてお花を添えるのも素敵なサプライズになりそうですね。

高評価レビューギフト

  • 全商品
  • ランドセル
  • 文房具
  • ハンドタオル・ハンカチ
  • バッグ

入園・入学祝いのマナーと豆知識

■入園祝い・入学祝いとは?

入園式・入学式は子どもにとって大きな成長の節目であり、その喜びをお祝いするのが入園祝い・入学祝いの目的です。
一般的には、親しい間柄で祝うもので、親族や友人の子どもに贈ります。
すでに自分の子どもが頂いている場合は、入園・入学祝いをお贈りするのがマナーです。

■入園祝い・入学祝いはいつ贈る?

入園式・入学式の直前は準備に追われる方が多いので、幼稚園や学校に入る2〜3週間前までに、お贈りするのがおすすめです。
余裕をもって入学準備を行えるとの理由で、3月の中ごろまでにお贈りするのも良いでしょう。

■入園祝い・入学祝いを選ぶ際のポイント

定番アイテムとしては、子どもの性別を選ばず処理に困らない図書カード商品券、年齢に合った文房具が一般的です。
他にも、新しい環境でお子さんが必要とするであろう品物をお贈りするのもよいでしょう。
お子さんとそのご家族に喜んでもらうため、せっかくの贈り物が被ってしまわないよう、贈り物をする人同士で相談することもオススメです。

■入園祝い・入学祝いの相場は?

・幼稚園:5,000〜10,000円
・小学校:5,000〜20,000円
・中学校:5,000〜10,000円
・高校:5,000〜10,000円
・大学、短大、専門学校:10,000〜30,000円

■入園祝い・入学祝いのマナーは?

あまり形式的なマナーはありませんが、ひと工夫加えたい場合は、お祝いの言葉を記したメッセージをあわせて贈ることやギフトへの名入れを検討してみてはいかかでしょうか。

ページの先頭へ

おくりもの市場トップへ

社会的責任[CSR]