おくりものナビ

円〜





香典返し

香典返しのギフト・贈り物をご紹介。カタログギフト、食品、スイーツ、石けん・洗剤、タオルなど、種類豊富なアイテムを用意いたしました。香典返しの贈り物マナーもチェック!

【マナーと豆知識】香典返し編を見る▼

人気のアイテムを予算から探す

香典返しのマナーと豆知識

■香典返しはどんな時に贈る?

香典は、線香やお花の代わりに霊前にお供えするもので、通夜または葬儀の際に持参します。
「香典返し」は、香典やお供物をくださった会社関係の方や親戚の方に、後日挨拶状を添えてお礼・お返しとして贈ります。
弔問に来てくださった方に、頂いた香典の額に関係なく同一のものを、お帰りの際にお渡しすることを「即日返し」といいます。

■香典返しは何を贈る?

タオル洗剤お菓子お茶などの消耗品は、不幸が及ぶのを消滅させると言われ、香典返しに贈られることが多いです。また、自由に選んでもらえるため、カタログギフトを贈ることも多いです。

■香典返しの予算はどれぐらい?

香典返しの予算は、頂いた香典の2分の1から3分の1が一般的です。ただし、親族や親しい友だちから高額の香典を頂いた場合や、お供えとして頂いた品物のお値段がわからない場合などは、無理して相場にこだわらなくても大丈夫です。

■熨斗の選び方・熨斗の書き方について

東日本

東日本の香典返しの熨斗

<のし>なし
<水引>黒白5本結び切り
<表書き>
<名前>喪主の姓のみ

西日本

西日本の香典返しの熨斗

<のし>なし
<水引>黒白5本結び切り
<表書き>満中陰志
<名前>喪主の姓のみ

キリスト教・神式

キリスト教・神式の香典返しの熨斗

<のし>なし
<水引>黒白5本結び切り
<表書き>偲草、志
<名前>喪主の姓のみ
※キリスト教と神式は、本来香典返しの習慣がありませんが、贈るとしたら、キリスト教の場合は「三十日祭」に贈るのが一般的で、神式の場合は、「五十日祭」になります。

内祝い・お返しギフトを贈る際に、お役立ちコンテンツ!

ページの先頭へ

おくりものナビトップへ

【香典返しについて】
お通夜やお葬式で香典を受けた返礼としての品です。お悔やみいただいた方々へ、滞りなく弔事を終えたことを伝えるために贈る物でもあります。本来、忌明け後つまり49日が過ぎた頃、お礼の挨拶とともに喪主が直接持参して渡すものですが、現在ではあいさつ状と一緒に配送するのが通例となっています。最近では、葬儀当日やお斎の席でお渡しし、持ち帰っていただくことも多いようですが、この場合、一律の品をお返しとして後日改めて、高額の香典をいただいた方には金額にふさわしい品をお返しします。事情があって香典返しを贈れない場合にも、挨拶状は贈っておきましょう。定番はカタログギフト、タオルなど。コーヒーや紅茶を含めたお茶、海苔、ほか和菓子・洋菓子なども多いようです。食品に関しては、すぐ食べなくてもいいように、ある程度「日持ちがする」ことが選ぶ際のポイントですね。一般的に香典返しでは肉や魚の類は「四つ足生臭もの」といって避けることが多いようです。また、お酒などの嗜好品も好まれません。

社会的責任[CSR]